サムスン副会長イ・ジェヨン裁判9日からスタート・・・無罪主張で特検と正面対決
登録 : 2017-03-09 14:53 | 修正 : 2017-03-09 15:06

[写真=亜洲経済(先月、特検の調査を受けるために出席したイ・ジェヨン副会長)]

イ・ジェヨン(李在鎔)サムスン電子副会長の裁判が今日(9日)から始まった。

今日は初の公判準備期日で正式の公判とは違って被告人の出席義務がないため、イ副会長は法廷に姿を現わさなかった。

公判準備は公訴を提起したパク・ヨンス特別検事チームとイ・ジェヨン副会長の弁護人側が争点事項を整理するなど、集中的な裁判が行われるように事前協議をする手続きだ。

特検がイ副会長に付与した主な容疑はサムスングループの経営権継承の助けを受ける見返りに朴槿恵(パク・クネ)大統領と共犯のチェ・スンシル氏側に433億ウォン相当の賄賂を提供、または渡すと約束したということだ。賄賂供与の金額の中にはサムスンがミール・Kスポーツ財団に出捐した204億ウォンも含まれた。

イ副会長は二回にわたって行われた特検の捜査と裁判所の令状実質審査で一貫して賄賂供与の容疑を否認した。両財団に対する出捐は政府事業の協力の次元で従来の慣行どおり全国経済人連合会の配分率に従って金を出しただけで「不正な請託」の代価がなく、チェ氏親子に対する「乗馬支援」は大統領府の強要であるというのがイ副会長側の主張だ。
 

[写真=聯合ニュース提供(イ・ジェヨン裁判が行われる9日午後、ソウル中央裁判所での入場を待っている傍聴人たち)]

一方、1審議結果は5月末まで出る予定であり、イ副会長の弁論は法務法人太平洋が主に担当する。また、すべての弁護士費用はイ副会長の個人のお金で出すとサムスン側は伝えた。