B.A.Pヒムチャン、健康上の理由で振り付けなしで活動
登録 : 2017-03-15 15:55 | 修正 : 2017-03-15 15:55

[写真=亜洲経済]


グループB.A.Pのメンバーヒムチャンが健康上の理由で振り付けなしに活動する予定だ。

15日B.A.P所属事務所TSエンターテインメント側は“14日、ヒムチャンが生放送SBS MTV「THE SHOW」の生放送後、胸の痛みを感じてすぐに病院を訪ねた結果、疲労骨折の診断を受けた”と明らかにした。

さらに、“専門医の所見によると、外部衝撃による怪我でなく、急な体重減量とカムバックの準備に向けた多くの練習量によって肋骨に細かいひびが入ったと診断された”、“疲労骨折は運動や激しい動きを避けた方が良いが、久しぶりにメンバー全員でカムバックしたB.A.P活動を続けたいという本人の強い意志によって議論の末にヒムチャンはB.A.Pの舞台に振り付けなしに活動を続けることに調整した”と説明した。

先立って、B.A.Pは昨年リーダーのバン・ヨングクが健康上の理由として活動を一時中断したことがあったが今回の活動を通じて再び活動に復帰した。
一方、B.A.Pは7日、6thシングルアルバム「ROSE」のタイトル曲「WAKE UP ME」でカムバックし、現在活発に活動中だ。