政治的亡命を示唆したチョン・ユラ、デンマーク現地弁護士死亡…原因は過労死

登録 : 2017-03-20 14:24 | 修正 : 2017-03-20 14:37

[写真=聯合ニュース(18日、突然死亡したチョン・ユラのデンマーク弁護士ピーター・ マーティンブルリンケンベル氏)]


デンマーク検察から国内送還が決定されたチェ・スンシル被告の娘チョン・ユラ氏のデンマークでの弁護を担当したピーター・ マーティンブルリンケンベル弁護士18日(現地時間)突然死亡したとデンマーク地元のマスコミが報道した。

20日、現地マスコミBorsenによると、金融犯罪専門弁護士ブルリンケンベル弁護士が彼の故郷で死亡したと伝えた。死因はまだ確認されていないが、過労死である可能性が提起されている。

ブルリンケンベル弁護士は14日、デンマークの拘置所に拘禁されているチョン・ユラの送還決定について"最終的に送還が決定されれば政治的亡命をする"と伝えたことがある。

一方、控訴の意志をアピールした専担弁護士ブルリンケンベル弁護士の死亡でチョン・ユラの国内送還時期が早まるというではないかという観測が出ている。