2025年までにスマート工場3万拡大・融合型人材4万人育成
登録 : 2017-04-20 18:06 | 修正 : 2017-04-20 18:06

ジュ・ヒョンファン産業通商資源部長官[写真提供=産業通商資源部]


政府が2025年までに3万個のスマート工場を普及し、4万人の創意・融合型の専門人材を養成する。ジュ・ヒョンファン産業通商資源部長官は20日、ソウル永登浦区の中小企業中央会で中小企業の代表者と「中小企業政策懇談会」を開き、このような内容の「スマート製造革新ビジョン2025」を発表した。

現在のスマート工場普及目標は、2020年までに1万個である。しかし政府は、4次産業革命が加速されている状況で、急変する需要に迅速に対応するには、スマート工場の構築を通じたカスタム生産への転換が不可欠であると判断した。

これにより、普及目標を2025年基準3万個に増やした。特に、業種別企業のパートナースマート工場構築支援を促し、2025年までに大企業と連携した協力会社のスマート工場は、10個以上の業種で4500個を普及する方針である。

業種別の代表工場になることができるリードモデルスマート工場は、2016年45から2025年の1500個増やす。リードモデルスマート工場は、工場開放やスマート工場構築のノウハウ伝授などを介して、高度化工場拡散を誘導する。

スマート工場構築に重要なことは、適切な技術を確保することである。政府は、2020年までにスマート工場基盤技術の研究開発(R&D)に2154億ウォンを投入することにした。

ビッグデータやサイバーフィジカルシステム(CPS)、スマート工場用センサ、コラボレーションロボットなど、韓国が上手にできる分野を選定して、R&Dとテストベッド(試験場)を集中的に支援する。

政府は、このようなスマート工場普及事業を通じて、2018~2025年の2兆5000億ウォン規模のスマート工場基盤産業市場の創出を目標としている。

これと共に、海外進出のために「スマート工場アライアンス」を構成する。アライアンスには、ソリューション、センサー、コントローラ、ロボットなど30以上の関連企業が参加する。

現場担当者や専門人材などの対象別オーダーメイド教育を通じて、2025年までに創意・融合型人材4万人を養成する。

優秀な人材を育成したい大学3校(韓国産業技術大、慶熙大、忠北大)に、要素技術の開発と高度化されたスマート工場運営の設計のため修士・博士課程を新設する。

この日の懇談会で、中小企業中央会とスマート工場推進団は「スマート工場の協力約定締結式」を開き、スマート工場の拡大、スマート工場基盤産業の育成、専門人材の養成のために一緒に努力することにした。

ジュ長官は“第4次産業革命の時代に中小企業がグローバル専門企業として成長できるように、支援を惜しまない”とし“スマート工場を通じて4次産業革命の時代に、最高レベルの製造業の生産性を確保することができるように、中小企業に手伝ってもらいたい”と話した。

(亜洲経済オンライン)