韓国電力、国内の大学対象電力分野の基礎研究に100億ウォン支援
登録 : 2017-04-20 18:12 | 修正 : 2017-04-20 18:12

ペ・ソンファン韓国電力電力研究院長(右)がパク・ジュンホ電気学会長と「電力産業の基礎研究支援課題の発掘協力了解覚書」を締結した後、記念写真を撮っている[写真提供=韓国電力]


韓国電力が電力分野の基礎技術の確保のために、今年、国内の大学に100億ウォンの研究課題費を支援する。

韓国電力は、電力分野の基礎技術を確保するために、国内の大学を対象に基礎研究開発課題を支援する「2017年度の電力産業の基礎研究開発事業」を開始したと明らかにした。

まず、産学研の専門家で構成された研究開発(R&D)企画委員会は、エネルギー新産業など最近の技術動向を反映して、5~6個の詳細分科を設置し、7月までに未来電力技術と研究開発課題を選定する計画である。その後、国内の大学を対象に実行機関を公募し、審議を介して支援する。

また、韓国電力と電気学会は先月末の電力分野の基礎研究の発掘と支援協力を内容とする「電力産業の基礎研究支援課題の発掘協力了解覚書」を締結し、7月に開催される電気学会夏季学術大会で選定された課題についても支援する予定である。

韓国電力は、2012年から「電力産業の基礎研究事業」を開始して以来、これまで150以上の大学や235個の研究開発課題を介して197億ウォンを支援している。

チョ・ファンイク韓国電力社長は“さまざまな分野と新しい技術が融合されている4次産業革命を迅速にリードするためには、基礎体力のような基礎研究が重要である”とし“電力産業基礎研究事業が電力産業の発展を牽引することができるように、継続的な支援と投資を拡大していく”と述べた。

(亜洲経済オンライン)