tvN新月火ドラマ「サークル」制作発表会・・・22日に初放送

登録 : 2017-05-17 15:53 | 修正 : 2017-05-17 16:01

[写真=亜洲経済]


22日に初放送するtvN新月火ドラマ「サークル:繋がった二つの世界」」(脚本 キム・ジニ、ユ・ヘミ、リュ・ムンサン、パク・ウンミ、演出 ミン・ジンギ) の制作発表会が17日午後、ソウル永登浦区タイムスクエアで開かれた。

制作発表会にはヨ・ジング、キム・ガンウ、コン・スンヨン、Highlight イ・ギグァンが出席した。

「サークル」は2017年、未知の存在によって起きた殺人事件を追う「パート1:ベータプロジェクト」と感情が統制された2037年の「パート2:素晴らしい新世界」を背景に2人の男が事件を追跡する過程を描く。2017年の優秀な神経科学徒キム・ウジン役は俳優ヨ・ジングが、2037年の刑事キム・ジュンヒョク役は俳優キム・ガンウが務めた。

ドラマは現在と未来を行き来するタイムスリップがなく、繋がった二つの時代が一話に広がる「ダブルトラック」形式だ。

演出を担当したミン・ジンギPDは"二つの世界の話をスピード感のある展開とともに二つの世界の中の伏線を合わせていく面白さと緊張感もある"と説明し、"新鮮な素材で二つの世界を貫通するメッセージは結局「ヒューマニズム」である"と強調した。

一方、人の感情、記憶と関連された哲学的な質問を投げかけるtvN新月火ドラマ「サークル」は22日午後11時に初放送される。