ムン・ヒサン日本特使、安倍首相と会談・・・文大統領の親書伝達
登録 : 2017-05-18 13:11 | 修正 : 2017-05-18 14:39

[写真=聯合 / AP]


文在寅大統領の日本特使である共に民主党のムン・ヒサン議員は18日午前、安倍晋三)日本首相に会って、文大統領の親書を渡した。

安倍首相は特使団と握手を交わした後、"文特使とは数回会ったことがある。新大統領がこのように特使を派遣したことは日韓関係を重視するものと見ている"、"韓国は戦略的利益を共有する最も重要な国"と述べた。

安倍首相はさらに、"文大統領と未来志向の関係を指向していく"とし、"北朝鮮問題をはじめ、重要な問題を率直に話したい"と付け加えた。

ムン特使はこれに対し、"韓国と日本は二つの点で共通点がある"と言及し、"一つは地理的に近く、実質的価値を共有している部分だが、それは、市場経済と自由民主主義の価値である。もう一つは安保的な面で北朝鮮問題など共通の問題がある"と説明した。

ムン特使は"未来志向的に発展していこうという文大統領の意思を親書に込めた"、"今後、早期に会談することを希望しており、両国首脳が頻繁に会おうという意思を持ってきた"と述べた。また、"文大統領は盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領時代などの(韓日間)シャトル外交の復活を希望する"と伝えた。

一方、ムン特使は先立って17日、岸田文雄外相との面談で、"韓国国民の大多数が情緒的に慰安婦の合意については受け入れてない雰囲気"と強調したことがある。