​サムスン電子、新しい概念のタブレット「ギャラクシーブック」披露

登録 : 2017-05-18 16:12 | 修正 : 2017-05-18 16:12

[​サムスン電子、新しい概念のタブレット「ギャラクシーブック」披露]



サムスン電子が新しい概念のウィンドウタブレット「ギャラクシーブック(Galaxy Book)」を18日に国内で発売した。

ギャラクシーブックは「ウィンドウ10」OS(運営体制)と「Sペン」が搭載され、PCのユーザビリティタブレットの手軽さを備えた製品だ。

7世代インテルコアプロセッサなどを適用してMSオフィス、フォトショップのような業務用ソフトウェアもPC環境と同じ水準で使用することができる。

特にギャラクシーノートシリーズで披露したSペンが基本提供され、タッチスクリーン上に4096段階の筆圧と0.7mmの細いペン先で、繊細で精巧な表現ができる。

ギャラクシーブックに「キーボードカバー」を結合すれば、ノートパソコンの使用環境のようにキーボードの間隔が広いフルサイズキーボードでタイピングしたり、タッチパッドでマウスカーソルを便利に操作することができる。

ギャラクシーブックは12型(303.7mm、754g)と10.6型(268.6mm、650g)など計2種がおり、ワイファイ(Wi-Fi)とLTEモデルにそれぞれ発売される。