[キム・ボンヒョンのコラム] 北朝鮮核問題の終着点

양정미 기자

登録 : 2017-08-09 11:20 | 修正 : 2017-08-09 13:48

[写真=キム・ボンヒョン元駐オーストラリア大韓民国大使館大使]


交渉学で最も重要として取り扱っているのは交渉当事者間の「信頼形成」だ。交渉相手と信頼が形成されるこそ、いわゆる「ウィンウィン(Win-Win)交渉」が可能になり、履行もできるわけだ。信頼が形成されていない状態で結ばれた約束は、お互いが「ウィンウィン交渉」の結果であると認めても結局うまく履行されない。

交渉学者 アラン・アクセルロッド (Alan Axelord)は、多くの実証的な実験の結果、信頼形成のための簡単な方法として「tit-for-tat」(しっぺ返し、相互依存的な)を提示しており、この方式は現在まで交渉の最も有用な方式で受け入れられている。この方式はゲーム理論から派生した「繰り返し囚人のジレンマ」と理論的な軌道を共にしている。交渉相手に協力を提供するが、相手が裏切ると戒めて、相手が協力すれば協力する方式を繰り返すことになると、結局その相手も一致されたメッセージを読むことになり、信頼と協力が作られているということだ。

私たちは長い間北朝鮮と交渉をしてきた。交渉学の基礎に戻るとしたら、北朝鮮との信頼形成が最も重要だろう。したがって、金大中(キム・デジュン)政府の太陽政策または朴槿恵(パク・クネ)政府の「韓半島信頼プロセス」は正しい方向だった。

ただし、「tit-for-tat」は過程(プロセス)として時間と忍耐心を必要とする。成熟していない状態で過程を離脱することになると、効果が減るのではなく、効果が全くなくなってしまったり、不信感はさらに深刻化される副作用が生じてしまう。

北朝鮮との交渉において「tit-for-tat」のプロセスが成熟する前に、忍耐心を失ってしまう事例がしばしば現れた。太陽政策がそうであったし、韓半島信頼プロセスもそうだった。だから私たちは北朝鮮との交渉で私たちが自らが信頼を持つことは難しく、北朝鮮も我々を信頼できなくなった。このような状況で北朝鮮との交渉が不可能であり、可能だとしてもその効果は長続きしないだろう。

現在、私たちが立っているこのような立場について誰かを非難したいとは思わない。韓国の政権交代の方式が交渉のプロセスが成熟できないように作ってしまう構造的な問題であるためだ。もう「tit-for-tat」に戻るには遅すぎるし、構造的に難しくなっている。それなら、結局我々は北朝鮮の核ミサイルを認め、これに対抗するための自衛的手段を強化しながら生きていくか、さもなければ北朝鮮を崩壊させる攻勢的手段を取るべきという結論に到達する。

テ・ヨンホ公使は4月のある講演で、北朝鮮住民の心の中に溶岩のような不満の火の玉が存在しており、いつ爆発するか知れないと話した。特に、自分たちの利益が集団的に侵害を受けた場合、集団行動を取る可能性もあるとし、キム・ジョンイル総書記が試みた貨幣改革が水泡に帰したのも、そのような集団行動のせいだと説明した。

しかし、北朝鮮住民たちの集団行動で北朝鮮が崩壊される恐れがあると考えるのは、過去から続いてきた希望事項であるだけだ。「勇気の哲学者」でよく知られた「アドラー(Adler)」は変化のためには勇気が必要だとしながらも、その勇気がどのように与えられるかについては口を閉ざした。北朝鮮住民たちに必要なのは、変化のための勇気であるのは間違いないが、その勇気がどこから生ずるのだろうか?

韓国が過去の権威主義的体制の中でも民主化運動の芽を出して、多くの犠牲を受けながらも成功的に民主主義体制への変化を成し遂げた歴史的事例を見て、北朝鮮でもこのような勇気ある民主化闘争が発生することを願うことはできるだろう。

問題は北朝鮮の住民たちが自分たちのシステムがなぜ、そして、どのように変わらなければならないのか理解できないということだ。ブッシュ大統領が北朝鮮を「悪の枢軸」呼んだが、金正恩氏をはじめ、その追従者たち、そして一般住民たちさえも北朝鮮が「悪」と考えていない。 むしろ、 金正恩氏の核ミサイルの成果について、大きな自負心を持っているはずだ。哲学者ハンナ・アーレントはナチズムに対する研究、特にアイヒマン裁判の過程を研究した結果、「 悪の 陳腐さ(banality of evil)」という単語として悪魔を定義した。悪魔は平凡な私たちとあまり変わらないということだ。北朝鮮も同様だ。

韓国の民主化が成功したのは韓国国民が韓米同盟の枠組みの中で自由民主主義市場経済という米国の普遍的価値を韓国が追求しなければならない価値に一体化し、韓国の権威主義的な体制を悪魔だと思ったからだ。反面、北朝鮮住民たちは「中朝血盟」関係の中で、北朝鮮の体制が中国の体制と別段変わらないものと考えているため、北朝鮮の体制を悪魔として考えていない。

結局、韓国民主化の歴史的教訓が北朝鮮に適用されるためには、中国の民主化が先行しなければならないという結論に達することになる。中国の価値体系が米国の価値体系、そして我々の価値体系と同様に変化する時、北朝鮮住民も北朝鮮の政権層を悪魔として明確に認識するようになり、北朝鮮民主化過程が進むことになる。そのときこそ北朝鮮の核問題は終着点を迎えることになり、同時に韓米同盟も終着点に至るようになるだろう。

したがって、私たちの目を北朝鮮から中国に向けなければならない。中国が韓米日と同一の価値を追求する国家に変化できるよう、国際社会が共同で中国に対する関与政策をさらに活発に推進していかなければならない。北朝鮮が核ミサイル開発に20年が所要されたが、おそらく今後、それくらいの時間が経ったら私たちは終着点に到達することになるだろう。