テヨン建設、SKハイニックス、SK、S-Oilが推薦銘柄に

유선호 기자

登録 : 2017-08-13 12:33 | 修正 : 2017-08-13 12:33

13日、主な証券会社は今週推薦銘柄でテヨン建設、SKハイニックス、SK、S-Oilなどを挙げた。代わりに証券はテヨン建設、SKハイニックス、エバーダイムを推薦した。

テヨン建設は、収益性の高い住宅事業の売上高が増加し、今年は大幅な業績改善が予想される。SKハイニックスの場合、実績の重要な指標であるDRAMおよび2D-NAND固定価格が安定した流れを展開している。特に、DRAM部門で相対的に需要が高い市場に集中して内実を固めているという評価である。

エバーダイムは、建設機械、消防や災害用特装車制作事業を営む企業として、世界80カ国にディーラー網があり、海外各地に法人がある。北米とアジア新興国のインフラ投資の増加で、海外部門の売上高成長が期待される。国内部門の売上高も災害部門の予算の増大が昨年から本格化しており、良い業績を得ると思われる。

ハナ金融投資は、推薦銘柄でSK、S-Oil、コースメカコリアを提示した。SKの場合SK E&Sなどの子会社の実績が構造改善局面に進入したものと分析される。子会社の業績好調により、今年と来年の本格的な収益の増大が予想される。

また、ハナ金融投資は“S-Oilの場合精製マージン好調の見通し、第3四半期の業績改善期待や配当魅力などの注目に値する”とし“コースメカコリアは、製造業者の生産開発(ODM)市場の構造的成長局面で高い実績の可視性と成長余力を保有している”と評価した。


(亜洲経済オンライン)