チェ・フンシク金融監督院長、来月の国政監査で検証か?

유선호 기자

登録 : 2017-09-13 21:41 | 修正 : 2017-09-13 21:41

チェ・フンシク金融監督院長[写真=金融監督院提供]


チェ・フンシク金融監督院長により、金融監督院が激しい内紛を経験している。当初、キム・ジョウォン前監査事務総長が金融監督院長に内定されたが、一日でチェ院長に変更されたためである。

手のひらを返すような人事が行われたことも問題だが、プライベートなことも問題に上がっている。チェ院長が、ソウル市立交響楽団の代表としてソウル市に申告した財産の内訳を見ると、約25億ウォンである。多住宅者として、不動産が最も多くの部分を占めている。


金融監督院長、金融委員会の議決を経て金融委員長が推薦され、大統領が任命する。金融委員長提請という形式を帯びているが、青瓦台の意中が絶対的である。人事聴聞会もなく、金融監督院長の金融会社に管理・監督権を行使する強大な権限を持っているが、任命に障害がないわけである。

金融監督院の政府組織にすることなく独立した工法で法制化されたのは、監督業務が政治的圧力や行政府の影響によって自律性を失わないために、中立性と専門性が重要であるという。こうなると、国会政務委員会の一部議員の間では、国政監査でチェ院長を徹底的に再検証するという。

監督当局の関係者は“チェ・ジョング委員長が正統官僚出身であるため、金融監督院長には民間出身者が来て、均衡的な視点を持つ必要があることに共感する”とし“しかし、金融監督院長は、外部検証の機会がないので、さらに注意しなければならない”と批判した。

(亜洲経済オンライン)