25%料金割引、既存の加入者も給付受ける

유선호 기자

登録 : 2017-09-13 23:03 | 修正 : 2017-09-13 23:03

[写真=25%料金割引、既存の加入者も給付受ける]


13日の科学技術情報通信部は“支援金に相当する料金割引率の調整(現行の20%から25%へと上方)と関連して、キャリアでは既存の20%料金割引の加入者が約定が終わっていない場合でも25%に料金の割引率を変更し、違約金負担を軽減することができる方案を自律的に用意した”と述べた。

これにより、SKテレコム・KT・LGユープラスなど移動通信3社の20%割引の加入者(12・24ヶ月の両方を含む)のうち、残りの約定期間が6ヶ月以内である利用者が25%に制約定める場合(12・24ヶ月の両方選択可能)、既存の契約解約に伴う違約金の賦課は猶予すると決定した。つまり、条件付きで免除になるという意味である。

例えば、既存の20%料金割引12ヶ月契約の加入者が3ヶ月契約が残った状態で25%料金割引12ヶ月で再約定する場合、新しい契約を3ヶ月間(従来約定の残余期間)維持すると、従来約定上の違約金はないことになる。

これは、端末の通信社から購入し交換(機器変更)しなくても適用されるが、キャリアを変更した場合、違約金猶予が適用されない。しかし、猶予期間中に再び約定を終了すると、既存の約定上の違約金と新しい契約上の違約金が二重に課されるため、注意が必要である。

既存の20%料金割引の加入者は、約定期間の満了を待たずに約定期間が6ヶ月残った時点から25%に再約定が可能となり、通信費の削減メリットはさらに高まる見通しである。

移動通信会社の関係者は“今回の措置は、財務上の損失が予想されて負担が大きいが、消費者の不便がないように準備を滞りなく進行する”と話した。

SKテレコムは、15日から施行される選択約定割引率引き上げに合わせて、違約金の負担軽減策をすぐに適用する。ただし、残りのキャリアは電算開発などの準備期間がかかるに応じてLGユープラスは10月に、KTは年内実施する方針である。

(亜洲経済オンライン)