女優イ・ヨンエ、日帝強占期のスパイメルドラマ「異夢」でドラマ復帰

양정미 기자

登録 : 2017-10-03 21:35 | 修正 : 2017-10-03 21:36

[写真=イ・ヨンエ(ELLE 提供)]


韓流スターのイ・ヨンエが今年上半期「師任堂(サイムダン)、色の日記」以降5ヵ月ぶりにお茶の間に復帰する。

イ・ヨンエが出演するドラマ「異夢」は、日帝強占期(日帝時代)に京城(ソウル)と中国の上海を背景に繰り広げられるスパイメロドラマである。

日本人に養育された朝鮮人外科医イ・ヨンジン(イ・ヨンエ扮)が、上海臨時政府の情報要員になって太平洋戦争の嵐の中に飛び込んで活躍する内容を描く時代劇だ。

MBC「チュモン」、KBS 2TV「ファン・ジニ」、SBS「ドクター異邦人」など多数のヒット作を制作したコ・デファPD(監督)と、 MBC 「太王四神記」、 SBS 「師任堂(サイムダン)、色の日記」などを制作たユン・サンホPD(監督)が一緒に演出を務める。

一方、イ・ヨンエの次期作で期待を集めている「異夢」は、現在、台本作業中であり、来年に撮影に入る予定だ。