韓国の電気自動車市場、1年ぶりに4倍増加…アイオニク、販売量1位

박수정 기자

登録 : 2017-10-09 06:24 | 修正 : 2017-10-09 06:24

[韓国の電気自動車市場、1年ぶりに4倍増加…アイオニク、販売量1位]



韓国の電気自動車市場規模が1年の間に4倍近く成長したことが分かった。

6日、韓国自動車産業協会などによると今年に入って8月まで韓国の電気自動車累積販売量(テスラは除外)は計7278台で、昨年同期(1975台)の3.69倍に達した。

モデル別の販売順位では現代自動車「アイオニク・エレクトリック」が4708台で1位を占め、続いてルノーサムスンのSM3(969台)、起亜自動車のソウル(870台)、韓国GMのボルト(392台)などの順だった。

前年同期比の増加率でもアイオニク(382.9%)が1位を記録した。 SM3(214%)、ソウル(124.8%)も販売量が急騰した。

これにより、同じ期間、国内完成車メーカー各社が直接生産した電気自動車の総販売台数(6580台)は昨年の同じ期間(1828台)の3.6倍に達した。