Apinkキム・ナムジュ、演劇舞台に初挑戦・・・「ロミオとジュリエット」の主人公

양정미 기자

登録 : 2017-10-29 15:31 | 修正 : 2017-10-29 15:31

[写真=亜洲経済 ユ・デギル記者 dbeorlf123@ajunews.com]


ガールズグループApinkのキム・ナムジュ(22)が演劇舞台に初挑戦する。

29日、所属事務所Plan Aエンターテインメントによると、キム・ナムジュは11月25日にソウル鍾路区東崇洞の大学路芸術劇場大劇場で開幕する演劇「ロミオとジュリエット」(演出 キム・ヒョンヒ)で主人公のジュリエット役を演じる。

演劇「ロミオとジュリエット」は、シェイクスピアの有名な同名原作を現代的に再解釈した作品で、アクロバチックと舞踊が組み合わせられた融合・複合公演だ。自由に愛し、夢を育てなければならない若者らが、既成世代の問題によってどのように傷つき、犠牲になったかを語る和解やコミュニケーション、変化の価値を描くドラマ形式の演劇で12月3日まで上演される。

キム・ナムジュとともにジュリエット役には女優ムン・ガヨンキャスティングされた。また、ロミオ役には俳優イ・ヘウとクォン・バンヒョクがダブルキャスティングされて呼吸を合わせることになった。

一方、キム・ナムジュは2015年ウェブドラマ「捜査官アリス」で演技を始め、その後、ウェブドラマ「悪童探偵s」で主演を務めるなど女優としての立地を固めてきた。