安藤美姫、江原観光広報大使に委嘱・・・"平昌五輪の広報と韓日交流の架け橋の役割をしたい"

양정미 기자

登録 : 2017-11-03 15:34 | 修正 : 2017-11-03 15:47

[写真=亜洲経済]


江原道は3日、日本の元フィギュアスケート国家代表だった安藤美姫を江原観光広報大使に委嘱した。

安藤美姫は、"平昌五輪と江原道広報に先頭に立つのは勿論、日韓交流の活性化のために架け橋の役割に全力を傾けたい"、"世界各地でフィギュアスケートコーチとして活動しているが、韓国でもそういうチャンスがあることを期待する"と述べた。

安藤美姫は4日、平昌五輪プラザで開かれるG-100記念の「ドリームコンサート」に参加し、五輪に向けた応援メッセージを伝える予定だ。

一方、江原道は五輪の開・閉会式の招待行事と競技を連携して広報に乗り出し、SNSを活用した自国民対象の広報などを積極的に展開する方針だ。