SKハイニックス、「2017同伴成長デー開催」

유선호 기자

登録 : 2017-11-13 21:38 | 修正 : 2017-11-13 21:38

2017同伴成長デーでパク・ソンウク副会長が61社のパートナーの代表者に挨拶をしている[写真= SKハイニックス提供]


SKハイニックスは13日、2017SKハイニックス同伴成長デーイベントを開催した。この日の行事には、パク・ソンウク副会長を含むSKハイニックスの従業員と、同伴成長委員会を構成する61社のパートナー代表など計80人が参加し、14社の優秀パートナーに対して授賞した。

特に、講演とパネルディスカッションなどの品質管理とビッグデータをテーマにしたフォーラムを開いて、4次産業革命の変化の中でパートナー間の相互成長を模索する時間を持った。

パク・ソンウク副会長はこの日のイベントで、“最近、半導体業界の高い成果はパートナーの皆さんと一緒に成し遂げたことであるため、より大きな意味があり、特に感謝する”とし“4次産業革命という新たな機会と課題を迎え、将来のための準備と慧眼を得るために一緒に考えてもらいたい”と要請した。

先立って今年7月にもSKハイニックスは、1600億ウォン規模の2・3次協力会社支援ファンドを造成し、現金支給割合を大きくすると、従業員の能力強化と福祉の向上や人材採用プログラムなど、2・3次協力会社共生拡大案を明らかにしたている。

これらは、共存協力ディープチェンジの一環として、成長性が高い中小協力会社を「技術革新企業」に選定して包括的技術サポートをする一方で、「共生タウン」を通じた協力会社との革新的なアイデアの交換、品質の向上に伴う努力のための機器・システムなどの構築にも対応している。

(亜洲経済オンライン)