銀行連合会、2017年経歴職採用開始

유선호 기자

登録 : 2017-11-13 22:00 | 修正 : 2017-11-13 22:00

13日、銀行連合会によると、今月22日午後5時まで採用情報センターホームページでオンライン受付で2017年経歴職員支援を受付ける。

今回採用する部門は、金融一般(5級)、情報技術(IT)開発(5級)、情報セキュリティー(5級)である。支援部門間の重複支援は不可能である。

金融一般は、会計法人(CPA)、金融会社・金融関連機関で勤めた経歴が4年以内である人を対象にする。弁護士の場合、勤めた経歴が2年以内である人を選ぶ。

IT開発では、4年以内のIT開発関連勤務経歴者を採用する。ジャバ、C、HTML5等言語と関連フレームワークなど各種DBの使用が可能でなければならない。特に、金融会社・金融関連機関IT開発業務経歴者とモバイル開発経歴者、ブロックチェーンシステム経歴者を優遇する。

情報セキュリティー部門の場合、情報保護システム政策樹立および管理・運営、ウェブまたはインフラ弱点点検・措置、侵害事故対応および分析などを遂行した経歴が2年以上5年以内でなければならない。

また、金融会社や金融関連機関でセキュリティー企画業務を遂行してみたり、ウェブ謀議(模擬)ハッキング点検経歴者、情報保護関連資格証(CISA・CISSPなど)所持者、IT開発分野またはシステム設計分野経歴者を優遇する。

書類合格者発表日は今月30日である。2次力量評価では、主題発表など実務者面接と性格検査が実施され、3次では部署長と役員の面接評価が進行される。

来月20日に最終合格者発表が予定されている。実際の勤務は来年1月1日からである。

(亜洲経済オンライン)