KT、一般道路で5Gネットワーク移動性の検証完了

박수정 기자

登録 : 2017-11-14 16:05 | 修正 : 2017-11-14 16:05

[KT、一般道路で5Gネットワーク移動性の検証完了]



KTが一般道路で5世代移動通信(5G)ネットワークの移動性の検証を完了した。

KTは平昌5世代移動通信(5G)規格の基盤で基地局間の自動ハンドオーバー技術を開発し、3kmに達する一般道路に5Gネットワークを構築して全区間で移動性検証を完了したと14日、明らかにした。

ハンドオーバーとは端末が連結された基地局から他の基地局に移動しても切れることなくサービスを支援を受けられるようにする技術である。 28GHz帯域で5G端末の移動性を支援するためには特にBeam forming基盤のハンドオーバーの技術が必須である。 今回に5G道路網に適用された「ハンドオーバー技術」は端末が移動しながら、リアルタイムで基地局間のビーム追跡ハンドオーバーを遂行する。

また、今回の検証では5G端末を搭載した車両が走行し、車両内ではリアルタイムの大容量ストリーミング、モバイル高画質CCTV、インタラクティブホログラムサービスをテストしており、すべて切れることなく安定的に試演した。

3kmに達する一般道路の全区間で「ハンドオーバー」を試験して成功したのは今回が初めてだ。 また、様々な5Gサービスが移動中にも切れることなく安定的に提供されることを確認したことで、KTの5Gハンドオーバーの技術が商用可能な水準であることを検証した。

これに先立ち、KTは5月、最高速度110km/hで走るソウル-仁川空港鉄道の客車で5Gを通じたギガ級データー伝送を成功的に検証し、9月には高速道路で100km/h以上で走る車両で5Gネットワークに接続して5G-SLT(スカイライフLTE)サービスを試演するのにも成功している。