シティバンク、第3四半期の累積純利益1722億ウォン

유선호 기자

登録 : 2017-11-14 21:27 | 修正 : 2017-11-14 21:27

[写真=シティバンク提供]


シティバンクは、14日の実績発表を通じて第3四半期累計の当期純利益が前年同期比9.3%増の1722億ウォンを達成したと発表した。第3四半期の純利益は、前年同期比15.7%減少したが、前期比13.1%改善された。

2017年9月末現在のBIS自己資本比率と普通株の基本資本比率は、19.03%と18.54%をそれぞれ示した。第3四半期の受取利息は、2648億ウォンを示現した。これは前年同期比1.1%、前期比0.5%減少した数値である。

資産負債最適化の努力継続的に純利息マージンは、前年同期比0.21%ポイントの改善された2.70%を記録したにもかかわらず、低収益資産の最適化による有利子資産の減少した。

一方、第3四半期の利息外収益は、前年同期比169.8%と前期比23.8%増の425億ウォンを記録した。外国為替デリバティブ関連利益や投資商品の販売収益、信託報酬の増加とクレジットカード関連の支払い手数料の減少が主要因である。

今年第3四半期販管費は、前年同期比9.4%増の2085億ウォンを見せた。

パク・ジンフェ頭取は“顧客のデジタル経験とWM(資産管理)事業に重点を置いている消費者金融ビジネスモデルの変更ステップ1を正常に終えて嬉しい”とし“私たちは、顧客満足度に重点を置いて、継続的に市場シェアを拡大する”と述べた。

(亜洲経済オンライン)