「世代交代」サムスン電子、60代以上の社長5人退陣

박수정 기자

登録 : 2017-11-15 15:15 | 修正 : 2017-11-15 15:15

[「世代交代」サムスン電子、60代以上の社長5人退陣]



サムスン電子の60代以上の社長5人が退陣し、「世代交代」が行われたことが確認された。

14日、サムスン電子の3四半期事業報告書によると、社長2人、専門委員1人、研究委員1人を未登記役員に新規選任した。 退任した社長は計5人だ。

いずれも5人の社長級役員は「依願免職」処理されたことが分かった。

ユン・ジュファ(64)サムスン社会奉仕団社長、チャン・ウォンギ(62)中国戦略協力室長、イ・インヨン(60)コミュニケーションチーム長、キム・ジョンホ(60)グローバル品質革新室長、チョン・チルヒ(60)総合技術院長社長が退任のリストに上がった。

サムスン電子は今月初頭、部門別代表と社長団の昇進人事を発表したが、補職を離す社長団人事はまだ公開していない。

サムスン電子の新規選任された役員は4人であることが分かった。

未来戦略室の解体とともに退いたが、今月初めの役員人事で事業支援TF長に任命されたチョン・ヒョンホ(57)社長、サムスンディスプレイからサムスン電子に途中入社したノ・ヒチャン(56)経営支援室長がリストに上がった。

このほか、新規役員にイ・ジソン(46)無線戦略マーケティングチーム担当役員は専門委員に、キム・デウ(47)半導体研究所担当役員は研究委員として外部からスカウトされた。

役員昇進を含めたサムスン電子の後続の役員人事は早ければ今週中に発表される予定だ。