少女時代テヨン、28日午後ソウル江南で交通事故

양정미 기자

登録 : 2017-11-29 09:34 | 修正 : 2017-11-29 09:56

[写真=亜州経済DB]


少女時代のテヨンが28日午後7時39分ごろ、ソウル江南で追突事故を起こした。

ソウル江南警察署によると、テヨンは自分のベンツ車を運転してソウル江南区の地下鉄7号線の 鶴洞(ハクトン)駅から論峴(ノンヒョン)駅方向に走行していたところ、前を走っていたK5タクシーに衝突した。その衝撃でK5タクシーはすぐ前のアウディ車とぶつかった。

この事故でタクシー乗客2人とアウディ運転者1人など3人が負傷し、近くの病院に運ばれたが大きな外傷はなかったという。

警察は事故現場でテヨンの飲酒は感知されなかったと説明した。

テヨンの所属事務所SM側は"テヨンの運転不注意で交通事故が発生した"とし、"相手車両の運転手と乗客の方々に申し訳ない。事故処理に最善を尽くす"と立場を明らかにした。また、テヨンは帰宅して安静を取っており、けがはない状態だと伝えた。

一方、事件の被害者だと明かしたあるネチズンが、自分のインスタグラムに事故現場が写った写真とともに救急隊員たちが被害者より芸能人である加害者を先に病院に搬送しようとしたと掲載し、芸能人の特別恩恵議論が浮き彫りになった。しかし、現場を収拾した牽引運転手は事故現場に到着した時、テヨンがマネージャーに電話をしており、保険会社に事故の受付をして待っていた状態で、救急隊員たちは到着してすぐに事故の被害者たちを確認していたと主張した。