カカオバンク、セキュリティの脆弱性届出と最高500万ウォン支給

유선호 기자

登録 : 2017-12-06 16:02 | 修正 : 2017-12-06 16:02

韓国カカオ銀行は5日、韓国インターネット振興院(以下KISA)とソフトウェアのセキュリティの申告褒賞制運営協約を締結した。

申告褒賞制は、ソフトウェアのバグなどを発見した人に褒賞金を支給する制度で、セキュリティの弱点を事前に発見し、措置することができる。グーグル、フェイスブック、マイクロソフト、アップルなどのグローバル企業でのセキュリティの高度化のために実施しており、国内では2012年10月からKISAが申告褒賞制を施行している。

カカオバンクは、金融機関で初めてKISA申告褒賞制に参加する。6日からKISAインターネット保護国のホームページで国内外に居住する韓国人であれば誰でも申告することができ、褒賞金は30万~500万ウォンである。

申告対象は、カカオバンクで開発された最新バージョンのSWとサービス(モバイルアプリ、ホームページ)に影響を与える可能性のあるものである。申告された場合は、KISAアナリストの検証を経て、カカオバンクで措置をとることになる。評価は、KISAとカカオバンクとホワイトハッカー、教授、SWメーカーなどの専門家で構成された外部評価委員会を構成して進行される予定だ。

カカオバンクの関係者は“今回のソフトウェアセキュリティの申告褒賞制を介して顧客に、より安全な金融サービスを提供していたい”と述べた。

(亜洲経済オンライン)