SKネットワークス、「役員人事及び組職改編」

박수정 기자

登録 : 2017-12-07 16:44 | 修正 : 2017-12-07 16:44

[SKネットワークス、「役員人事及び組職改編」]


SKネットワークスが2018年の役員人事と組織改編を通じ、変化と革新に乗り出す。

SKネットワークスは7日、持続的な組織の活力の強化を目的に昇進1人、新規選任5人など計6人規模の人事を断行したと明らかにした。 ともに今後の持続成果の創出の土台を構築するため、定期組織改編も実施した。

SKネットワークスの関係者は"成果と能力、リーダーシップなどを総合的に判断し、6月に昇進したリュ・グォンジュSKマジック代表取締役が一段階さらに高い級に上がった"、"ともにキム・ユンウィ情報通信流通事業部長など5人も役員に新規選任された"と説明した。

これと共にSKネットワークスは効率性を高めるための組織改編も終了した。 既存の「カーライフ(Car Life)」と「モビリティリテール(Mobility Retail)」を部門を統合して、「モビリティ(Mobility)」に変更し、その傘下に「メンバーシップ事業部」を新設した。 これを通じて今後、モビリティ部門の関連内部の力量の結集を強化し、差別的な顧客価値の創出に集中する方針だ。

また、従来同一か類似業務組織の統廃合を通じて効率性を高め、実行力中心の組織・業務体系を構築していく計画だ。 これと関連して戦略企画室を「ポートフォリオ・マネジメント(Portfolio Management)室」に変更し、追加事業機会の発掘及び差別的サービス機能をいっそう強化する予定だ。

SKネットワークスの関係者は"今回の組織再編や役員人事を通じて会社の未来成長に向けた変化と実行力を一段階引き上げるだろう"とし、"これを通じて企業価値の向上と持続成長に向けた基盤構築を加速化していく計画"と話した。