サムスン電子、2018年型「無風エアコン」発売…進化したAI適用で競争力強化

박수정 기자

登録 : 2018-01-25 15:37 | 修正 : 2018-01-25 15:37

[サムスン電子、2018年型「無風エアコン」発売…進化したAI適用で競争力強化]



サムスン電子が進化されたAI(人工知能)とAI音声秘書「ビクスビ」を適用した2018年型「無風エアコン」を新たに披露し、市場競争力を強化する。

サムスン電子は24日、強化されたAIの適用で使用者環境を24時間感知して適合型の機能を提供する2018年型「無風エアコン」を発売すると明らかにした。

新年新製品の無風エアコンはAIを全ラインアップに搭載し、「無風知能冷房」・「無風知能清浄」・「無風音声認識」を具現しており、「サムスンコネクトアプリケーション」を通じて簡単にネットワークに接続して使用可能である。

また、ボタン一つで室内外の温度・湿度のような環境情報とエアコンの作動時間・好む風の強さなど使用者の製品の使用パターンを分析して製品を使用して平均1週間ほど経つと、消費者が好む冷房・無風・除湿・清浄機能を知って実行してくれる。

夜には普段学習した使用者の睡眠時間帯に合わせて無風熱帯夜快眠モードに自動的に転換され、少ない電気料金でも快適な夏の夜を過ごせるようにした。

特に2018年型無風エアコンは従来のような竜巻冷却で10分ぶりに素早く快感温度に到達することはもちろん、無風冷房の維持可能時間が既存8時間から24時間に拡大された。 以外にも二重構造にアップグレードされた熱交換器とさらに大きくなった室外機ファンを装着して冷房能力を強化した。

冷房面積基準の56.9~81.8m²まで計10モデルで、出庫価格は298万~563万ウォンであり、壁掛け型1台が含まれたホームマルチセット基準の出庫価格は340万ウォン~605万ウォンだ。
top