二十歳のキム・ソヒョン「ラジオロマンス」を選択した理由は?

유선호 기자

登録 : 2018-01-25 16:04 | 修正 : 2018-01-25 16:04

[写真=聯合ニュース提供]


女優のキム・ソヒョンが「ラジオロマンス」を選択した理由を伝えた。

キム・ソヒョンは25日午後、ソウル汝矣島で行われたKBS2の新しい月火ドラマ「ラジオロマンス(脚本ジョン・ユリ)の制作発表会の席で、“ラジオという素材に引き付けられた”と話し始めた。

キム・ソヒョンは“ラジオだけが持っているドキドキさと、暖かさに引き付けられた。ソン・グリムという役が現実的でなかった。だからではなく、真正性を持って演じなければならないと思った”とし“ソ・グリムがの状況自体が共感されないことがあっても、行動や心構えを多くの方々に伝えられるようにと思った。明るく温かいエネルギーが作品を選んだ大きな理由だった”と伝えた。

「ラジオロマンス」は、台本があってこそ言える台本に特化したトップスターが絶対台本通りに流されないラジオDJになりながら起る話を扱うヒューマンロマンスドラマである。今月29日午後10時に初放送される。

(亜洲経済オンライン)

top