イム・ヒョンソン、週末お茶の間劇場掌握!

유선호 기자

登録 : 2018-02-02 13:50 | 修正 : 2018-02-02 13:50

[写真=俳優イム・ヒョンソン]



俳優イム・ヒョンソンが、OCN「悪い野郎:悪の都市」とtvN単幕劇「最後の食事を作る女」に両極端のキャラクターで同時出演し、今週の週末テレビ劇場の責任を負う。

イム・ヒョンソンは、放映終了まで2回となった「悪い野郎:悪の都市」で悪役王様役で友情出演している。イム・ヒョンソンが演技する約は「悪い野郎:悪の都市」の重要な人物で、劇の一つの軸を担当すると発表されて、その役割に対して気がかりなことを増幅させている。


「悪い野郎:悪の都市」に続き、tvNドラマ ステージ「最後の食事を作る女」でもイム・ヒョンソンの姿に引き続き会える。 「最後の食事を作る女」は、「死刑囚の最後の食事」を作る職業の女主人公が登場する独特の素材に注目を集めている。イム・ヒョンソンは、収監者4人衆の中の1人である「811」役で登場して、劇の活力を呼び込んで面白くなる予定である。

2005年映画「許さざれる者」でデビューしたイム・ヒョンソンは、多様な作品に着実に出演し、経験を積み重ねた。特に、1月放映終了したJTBC 「アンタッチャブル」の「イ・ソンギュン」役で危機に処した同僚を救って死を迎えて話題を集めた。

アンタッチャブル放映終了所感で、より一層新しい姿で視聴者たちを訪ねるという約束を明らかにした彼が、今週週末に両極端のキャラクターを演じて存在感を披露すると期待されている。

一方、2018年活発な活動を予告したイム・ヒョンソンの姿は、土・日曜日の夜10時20分に放送されるOCN「悪い野郎:悪の都市」と土曜日の夜12時tvN「最後の食事を作る女」で見ることができる。

(亜洲経済オンライン)