[イ・サングクのコラム] 88ソウルオリンピックと平昌五輪、直面した恐怖と偉大な大会の間

양정미 기자

登録 : 2018-02-03 11:47 | 修正 : 2018-02-03 11:57

[写真・執筆=イ・サングクT&P代表]


"国際情勢に流されて多くの恐怖と脅威に直面した第24回ソウルオリンピックは五輪史上最も記憶に残る偉大な大会として記録されるようになりました。"(サマランチ元IOC委員長、キム・ウンヨンの「偉大な五輪」序文)

1988年ソウルオリンピックの前と後に、サマランするなぜ強烈に対比される叙述語を付けたのだろうか。まず'多くの恐怖と脅威に直面したソウル・オリンピック以前の状況を見よう。 1972年ミュンヘンオリンピックではアラブのテロ組織がイスラエル選手団を襲撃し、1976年のモントリオールオリンピックでは、南アフリカ共和国の人種差別の黙認と関連した抗議でアフリカ32カ国が出場を拒否した。1980年モスクワオリンピックは、ソ連のアフガン侵攻に抗議して米国をはじめとする西側諸国が参加しなかった。1984年ロサンゼルスオリンピックの時は、旧ソ連や東欧国家、そしてキューバが参加を拒否することで仕返しをした。テロとボイコットで染められた五輪が16年ぶりに真のグローバルな平和祭典に生まれかわる大会だった。

「五輪史上最も記憶に残る偉大な」大会だった理由は何だろうか。まず、世界秩序が再編される。1988年以後ソ連は解体されており、東欧共産国家も急速に新しい道を歩み始める。五輪は冷戦の時代を溶かす熔融点だった。それだけでなく、この大会は韓国の歴史を変えた。当時、軍事政権につながった権威的な国家だったこの国は世界の注目を受けながら外形的・内面的刺激を受け始めた。自らをグローバル水準に合わせていく動機が生まれたものである。ソウルオリンピックが開かれ前と比較し、それ以降は韓国に対する世界の見方が変わったし、私たち自身も大きく変わった。 祭りのコンテンツはスポーツだったが、祭りの過程と結果はそれ以上だった。これまで我々が想像することができなかった国家全般の認識変化をもたらした。1987年の民主化の熱望の爆発はその結果であり、1990年代の南北和解ムードもその延長線上にいた。

それからちょうど30年後の2018年2月、もう一度オリンピックがこの地で開かれる。冬季五輪は初めて誘致する大会を目前にしている。ソウルオリンピックに対する強烈な記憶を持っている立場として、意外と平昌五輪の意味と可能性については慎重な立場をとっている。しかし、1988オリンピックと2018オリンピックは妙なデジャビュがある。

まず、北朝鮮の核問題をめぐって急増した緊張と韓半島周辺諸国の葛藤が「多くの恐怖と脅威に直面した」88年を思い浮かばせる。北朝鮮の平昌五輪参加を不純視し、大会期間中の暫定的な平和を拡大解釈することを警戒する雰囲気も深刻に敷かれている。ここに4年前、ロシア・ソチ五輪はドーピング事件で彩られた。ドーピングの悪夢は平昌まで続いてロシアは国家の出場が認められなかった状態だ。

もう私たちはサマランチの「陰口」を思い浮かべる。果たして、平昌が「五輪史上最も記憶に残る」もう一つの奇跡ができるのかな。88後の雪解けのように国際関係が新たな局面を迎えることになって、大韓民国が新たに生まれ変わる土台を作ることができるだろうか。この質問に対する返事は大会以降の「時間」だけが持っているはずであるが、その答えは過去の歴史が教える知恵の中にすでに隠れているかもしれない。

平昌冬季五輪は多くの面で史上最大規模だ。15種目のメダル数は歴代最多の306個(金・銀・銅)であり、最多の92カ国2925人が出場して過ぎたソチ五輪の記録(88ヵ国、2858人)を優に超える。ソウル五輪の東西和合祭典を彷彿させる記念碑的な数字だ。今や地球村の最大の家族が集まったここで起こることは102個(雪上70個、氷上32個)の金メダルをめぐって争う明暗と感動その以上のものだ。

この大会はまず、人類スマート五輪の元年と言えるほどICT技術が集結する祭典だ。ロボット、事物インターネット、5Gサービス、人工知能、仮想現実、超高画質映像など韓国を4次産業革命のメッカとして位置づけることができるようにする巨大ショーウィンドーがまさに平昌であるかもしれない。また、21世紀の国際秩序の大転換が、平昌を基点に展開される可能性がある。中国とロシアの革新的変貌とグローバル位相を見極める重大な時点と支店がここにいることもできる。平昌と関連して絶えず関心を示してきた中国と、薬物のハンディキャップにも大規模の選手団を送るロシアの意欲には今後グローバルの地政学の変数が内在されているだろう。

もちろん、ここにはいくつか看過できない手がかりがある。最も大きいのは北朝鮮の核問題である。「五輪・エフェクト」は、北朝鮮が執拗に追求してきた核主権完成の野望を放棄して国際社会の正常な一員に戻ることまでを包含するしかない。そうでなければ、平昌大会に対する北朝鮮の態度は米国をはじめ、周りの制裁と圧迫を避けるという術策にすぎないという疑いを依然として超えない。しかし、この大会の中での疎通と悟りを通じて、北朝鮮体制が持ってきた孤立感と劣等感を克服するきっかけが設けられて、自ら招いた「不安」を払拭するができるようになれば、平昌は彼らにも新たな奇跡になるに違いない。

また、もう一つの問題は費用の問題だ。IOCは昨年7月パリとLAを2024年と2028年五輪開催都市として決定しておいた。二つの中の一つが2024年を引き受けたなら、残りの一つは、その次のオリンピックを引き受けるというふうだ。このような変な決定を下した理由は莫大な費用のために開催希望の都市が相次いで誘致を放棄したためだ。1984年LA五輪以後、すべての開催国は赤字を経験した。私たちも88ソウル五輪で必ず大きな借金をした。インフラ構築など社会間接資本の効果を見たからこそ単なる赤字ではないとはいえ、現実は現実だ。2004年アテネ五輪を開催したギリシャは、五輪以降、経済危機を迎えて国家不渡りの危機にまで殺到したこともある。2016年にオリンピックを開催したブラジルのリオも国が動揺した。平昌五輪もそのような危険に直面しているのは同じだ。「偉大さ」の代価は小さくないことができる。しかし、費用を払いながらも救わなければならない偉大な価値と未来があったら私たちは最善を尽くしかないだろう。
 
top