1月家計貸し出し停滞

유선호 기자

登録 : 2018-02-09 15:14 | 修正 : 2018-02-09 15:14

韓国銀行が9日に発表した「2018年1月中金融市場動向」を見ると、1月の銀行家計貸し出し増加額は2兆7000億ウォンで、前月(4兆1000億ウォン)に比べて増加規模が減った。それでも家計負債増加が非正常的に増えた2015~2016年1月の平均である1兆7000億ウォン増加に比べては高い水準である。

住宅担保貸し出しは、政府対策の影響などに増加規模が12月2兆8000億ウォンで1月は1兆3000億ウォンで半分超えて減少した。昨年1月(8000億ウォン)に比べては5000億ウォンさらに増加した。韓銀の関係者は“1月は住宅取り引きオフシーズンであり、取り引きがたくさんない方なのに今年1月は住宅取り引きが活発だった”として“昨年1月に比べては増加幅が増えた”と説明した。

その他の貸し出しは、住宅関連理事・入居関連部隊費用が増えたうえに、インターネット銀行の信用貸し出しが毎月着実に増えた影響で、12月の増加額1兆3000億ウォンから1月は1兆4000億ウォンに拡大した。これは1月基準として2008年以後最も大きい幅の増加規模である。

その他貸し出しには、一般信用貸し出し、マイナス通帳貸し出し、商店街・オフィステルなど担保貸し出し、預金・積立金担保貸し出し、株式担保貸し出しなどで構成されている。

企業の韓国ウォン貸し出しは、12月7兆4000億ウォン減少で1月7兆2000億ウォンに増加した。

大企業の貸し出しは、年末の一時償還分再取り扱いなどで12月の5兆ウォン減少から1月には3兆6000兆ウォン増加で背を向けた。 中小企業貸し出し同じ期間2兆4000億ウォン減少で3兆6000億ウォン増加に切り替えた。付加価値税納付のための資金需要が増えたのに起因する。

中小企業貸し出しのうち、個人事業者貸し出しは1兆5000億ウォン増加して前月と同じだった。

(亜洲経済オンライン)