ネイバー、韓国映像資料院古典映画7編高画質で復元

유선호 기자

登録 : 2018-02-09 16:05 | 修正 : 2018-02-09 16:05

8日午後に進行されたネイバー-韓国映像資料院業務協約式で、韓国映像資料院のリュ・ジェリム院長(左)とネイバーV&エンターサポートのパク・ソニョンリーダー(右)が記念撮影をしている[写真提供=ネイバー]



ネイバーが、韓国映像資料院の古典映画資料復元事業を後援する業務協約を8日に締結した。この日の協約式は、パク・ソニョンネイバーV&エンターサポートリーダーとリュ・ジェリム韓国映像資料院長が参加した中で、城南市盆唐区に位置したネイバーグリーンファクトリーで進行された。

今回の協約で、ネイバーと韓国映像資料院は韓国古典映画資料を復元して保存と公開を通じて作品の優秀性と価値を共有する。復元事業は、具体的に韓国古典映画7編の高画質(4K)デジタル復元作業、映画マガジン「スクリーン」収録イメージ1万点のデジタル復元作業である。

復元されたコンテンツは、今後ネイバープラットホームを通じて公開される予定で、利用者はこれまで接する機会が少なかった韓国古典映画と関連したコンテンツを豊富に接することができると期待される。

今回の高画質デジタルで復元される韓国古典映画は合計7編で、マスタリング作業完了後にネイバーTVとV LIVEを通じて公開される予定である。

これら作品は、現在デジタル媒体基準として最大SD級画質で鑑賞できるが、復元事業を通じて現在の約29倍画素数に達する4K高画質で鑑賞できることになる。映画俳優や撮影現場などが入れられた映画マガジン「スクリーン」のフィルムイメージ1万点は、デジタル化された後にネイバーポストを通じて連載コンテンツ形態で紹介される予定である。

一方、ネイバーは今回の提携を通じて韓国映像資料院が運営するネイバーTVチャネル「韓国古典映画劇場」内のコンテンツ数を現在の110編余りから徐々に拡大される予定である。2014年から運営されたネイバーTVチャネル「韓国古典映画劇場」は、1930年代からの多様な韓国古典映画代表作を文芸、ドラマ、コメディ、アクションなどジャンル別に分類して提供している。

(亜洲経済オンライン)

top