辛東彬 逮捕、ロッテグループ"ファン・ガクギュ中心に非常経営体制の稼動"

박수정 기자

登録 : 2018-02-14 15:21 | 修正 : 2018-02-14 15:21

[辛東彬 逮捕、ロッテグループ"ファン・ガクギュ中心に非常経営体制の稼動"]



「チェ・スンシル国政壟断事件」に巻き込まれた辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)ロッテグループ会長が賄賂供与の容疑で懲役2年6ヵ月を言い渡され、法廷逮捕された。 ロッテグループはファン・ガクギュ副会長を中心に非常経営体制を稼動する。

13日、ロッテグループは同日、判決について判決文を送達され次第、判決の趣旨を検討した後、弁護人などと協議して手続きを踏んでいく予定だと明らかにした。

また、ロッテグループは"国民に約束したホテルロッテの上場と持株会社の完成、投資や雇用拡大など山積した懸案を控えて大きな悪材料として作用するかと懸念される"、"非常経営体制を稼動し、役員や従業員や消費者、株主など利害関係者を安心させるようとする"と説明した。

非常経営委員会はロッテ地主共同代表であるファン・ガクギュ副会長のほかにグループ内の各事業部門長のイ・ウォンジュン流通BU張とイ・ジェヒョク食品BU張、ホ・スヨン化学BU長、ソン・ヨンドクホテルおよびサービスBU場などを中心に構成する。

ロッテグループは辛会長が会長職を務めた大韓スキー協会については協会首席副会長を通じて平昌(ピョンチャン)冬季五輪を支援することにした。

ロッテグループの関係者は"予期しなかった状況だから、惨憺たる状況だ。 裁判所の判断を尊重するが、結果については非常に残念に思う"、"裁判過程で証拠を通じて無罪を疎明したが、認められず、残念だ"と話した。