信用保証基金、創業企業育成プラットホーム3期3月12日まで募集

유선호 기자

登録 : 2018-02-14 16:00 | 修正 : 2018-02-14 16:00

信用保証基金は、創業企業育成プラットホーム(Start-up NEST)第3期に参加を希望する創業企業と予備創業者を3月12日まで募集すると14日明らかにした。

スタート業ネストは「有望創業企業発掘→アクセラレーティング→金融支援→成長支援」の段階別創業企業育成プラットホームである。保証・投資など金融支援とコンサルティング・メントリン・技術諮問・海外進出など非金融サービスをワンストップで支援する。

信用保証基金は、昨年スタート業ネストで合計100個の企業を発掘してアクセラレーティングを経て、現在までに信用保証約300億ウォン、直接投資19億ウォンを支援した。また、投資家マッチング機会を提供して民間投資25億ウォンを引き出した。

今年前半期には、有望スタート業80個を選定して育成する予定である。申請者格は未来の新しい成長産業を営む3年以内の創業企業(予備創業者含む)である。

詳しい内容確認および申請受付は、信用保証基金ホームページ、政府創業統合ポータル「K-スタート業」およびスタート業ネストホームページで確認することができる。

(亜洲経済オンライン)