キム・センミン「Mee Too」・・・"すべてが私の過ちです。心より謝罪申し上げます"

양정미 기자

登録 : 2018-04-02 14:07 | 修正 : 2018-04-02 14:07

[写真=亜洲経済 ユ・デギル記者  dbeorlf123@ajunews.com]


MCとして活発な活動をしてきたキム・センミン(44)が過去、番組制作スタッフにセクハラ行為をはたらいた疑惑がもたれているなか、所属事務所を通じて謝罪文を発表した。

キム・センミンは2日、「Mee Too」セクハラ疑惑の報道が出て約2から時間後、所属事務所SM C&Cを通じて"10年前に出演中だった番組の会食の席で誤った行動をした"と行為を認め、公式謝罪した。

彼は"当時、相手方が傷ついたとは認知できず、最近になって被害事実を伝え聞いた。とても遅くなったが、その方を直接お会いして過去の恥ずかしく未熟だった私自身の行動について頭を下げて心から謝罪した"と説明した。

キム・センミンはさらに、"私の至らない行動によって傷ついたその方を思うと、心が重くて申し訳ない気持ちだけだ"とし、"もう一度頭を下げて謝罪する"と自分の行為を認めた。

2日午後、あるメディアはキム・センミンが2008年、当時出演中の番組の飲み会で、スタッフ2人をセクハラをしたと報道した。被害者のうち1人には当時に、他の1人には最近に謝罪したという。

1992年KBS特別採用コメディアンとして芸能界にデビューしたキム・センミンは現在7つのレギュラー番組に出演するほど放送界で活躍中だ。普段、質素で誠実なイメージで人気を得たおかげで、最近は広告モデルとしても人気を集めた。

一方、キム・センミンは出演中の番組から降板するかどうかについてはまだ立場を出さず、各放送局も立場を整理していると明らかにした。
top