革新成長政府討論会、科学技術と産業・制度・人に焦点

유선호 기자

登録 : 2018-04-12 17:23 | 修正 : 2018-04-12 17:23

[写真=キム・ドンヨン経済副首相兼企画財政部長官]


4次産業革命の時代に合わせて推進される政府の革新成長政策が、科学技術と産業・制度・人に焦点を当てている。企画財政部は12日午前9時30分、キム・ドンヨン経済副首相の主宰で革新成長拡散のための部内討論会を開いた。

議論参加者は、構造に対応するための革新的な成長の必要性を共有する一方で、科学技術・産業、制度、人の3大分野政策の推進方向と課題について集中的に議論した。

科学技術・産業技術革新と関連して、未来食の発掘、創業活性化、既存産業の構造調整・競争力の向上、規制革新の4つの課題の重要性が議論された。

また、8つのコア先導事業のサポートと革新創業生態系造成などを通じて、ベンチャー創業や民間投資を拡大し、目に見える成果を拡散させていこうという議論も続いた。既存の産業の競争力を高めるために、原則に基づいて構造調整に対応していくと共に、半導体や鉄鋼など主力産業の競争力向上策を模索しなければならないという声も出ている。

ある討論者は“規制の技術革新は政府の努力にもかかわらず、民間で体感することができる実質的な成果が不足している”とし“利害関係の調整が必要な代表課題を選定し、利害関係者まで参加する公論化プラットフォームを設け、必要時に合理的補償案を講じなければならない”という意見も提示した。

また、実質的な変化を引き起こす可能性がある政策として、教育の根本的改革と大学の競争力強化、学齢人口の減少に伴う構造調整の推進が並行されなければならないという主張も出ている。労働市場の構造革新のために「革新型雇用安定モデル」の確立の必要性も台頭した。

キム・ドンヨン副総理は“今回の議論を基に、より細かいレビューと意見調整を経て、来年の予算・税制改編・財政計画・制度の改善などに反映されるように努力しよう”と呼びかけた。

(亜洲経済オンライン)
top