大韓航空、姉「ナッツ・リターン騒動」に続き、妹の「水かけ横暴」論難に株価下落

양정미 기자

登録 : 2018-04-16 10:23 | 修正 : 2018-04-16 17:57

[写真=聯合ニュース]


大韓航空がチョ・ヒョンミン専務の「水かけ横暴」論議が拡散し、16日取引開始直後から下落した。

大韓航空は16日午前10時16分現在、有価証券市場で前取引日より2.95%下落した3万2千950ウォンで取引中だ。チョ・ヒョンミン大韓航空専務のパワーハラスメントが浮き彫りになった12日にも6%以上下落した。米国のシリア空襲による国際原油価格の上昇が否定的な影響を及ぼしたが、他の航空週に比べて下落幅が大きい方だ。

チョ・ヒョンミン常務は15日未明、ベトナムから急きょ帰国して職員らに"頭を下げてお詫びします"というタイトルの謝罪のメールを送って反省の意を明らかにしたが、2014年12月、離陸準備中だった機内で、ナッツの提供サービスに憤慨したナッツ・リターン騒動以来、再び妹のパワーハラスメントの論難が拡散され、大韓航空オーナー一家に対する非難世論が広がっている状況だ。

一方、警察は質問に答えられなかった広告代理店のマネージャーに怒って、水が入ったコップを投げたり暴言を吐いたという疑惑を受けているチョ大韓航空専務に対する取り調べを正式捜査へ転換することにした。
top