政府、経済長官会の通じて「地方自治体投資プロジェクト支援方案」を発表

유선호 기자

登録 : 2018-04-16 17:07 | 修正 : 2018-04-16 17:07

政府は16日、キム・ドンヨン経済副総理兼企画財政部長官主宰で経済長官会議を開き、「地方自治体投資プロジェクト支援方案」を出した。

地方自治体別投資ジレンマを取りまとめ、関係部署協議を経て一次に全8件の課題を発掘した。ソウル警察庁起動本部移転と連係し、ソウル市は同じ敷地内のファッション産業育成のためのファッション革新ハブ造成を推進中である。

本部移転敷地選定に対する警察庁とソウル市間の異見で事業が遅れている状態である。これに対して政府は、代替敷地を用意して総事業費1100億ウォン以上投資を通じて国内ファッション衣類産業のグローバル競争力強化のための革新拠点として育成する計画である。

また、板橋テクノバレー内企業クラウドデータセンター拡張事業支援にもスピードを出すことができる展望である。現在、板橋テクノバレー内で運営中されているクラウドデータセンターを拡張する企業はあるが、京畿道の許可が遅れて事業が遅れている。

これに対して政府は、該当企業が事業計画変更案を今月中に提出すれば、上半期中に板橋テクノバレー審議委員会に上程・審議して最終許可の有無を決めるなど、行政手続きを早く推進するように支援する計画である。2022年までに3800億ウォンの投資および500人余りの雇用創出が期待されるというのが政府の説明である。

また、水素車充電所など合計充電所設置・運営を拡大する計画も出した。今後、充電所を最大5ヶ所構築するために、150億ウォンの投資を創出できると政府は見通している。この他にも国・公有地(共有地)内の親環境車充電所を設置すると、賃貸料を軽減する予定である。

企画財政部の関係者は“関係法令上制約、消極的担当責任解釈、利害関係者葛藤など多様な要因が相変らず地域の革新投資・雇用創出を阻害している”として“地域が主導し、住民が体感できる成果創出のためには「投資着手」の導き出しに注力する必要がある”と強調した。

(亜洲経済オンライン)
top