科学技術情報通信部、来年8月に世宗市に移転

유선호 기자

登録 : 2018-04-17 15:45 | 修正 : 2018-04-17 15:45

[科学技術情報通信部]


17日、科技情報通信部によると、最近、政府が「中央行政機関等の移転計画の変更(案)」を告示し、来年8月までに世宗特別自治市世宗政府庁舎に移転しなければならない。現在、果川政府庁舎の科学技術情報通信部所属公務員777人の団体で荷物を詰めている。

これに対して、キャリアをはじめとする主要ICT業界の悩みは深まっている。SKテレコム・KT、LGユープラスなどの移動通信3社、CJハロー・ブロード・ディルライブなどの主要な放送メディアのほとんどは、ソウルに本社を置いているためである。SW・SI・ポータル・セキュリティなど科技情報通信部との接触が頻繁ITサービス企業も例外ではない。政策協議のパートナーである放送通信委員会も科技情報通信部の前に基づいて業務協議が容易でないことを懸念している。

業界関係者は、“科学技術情報通信部は、今年5世代移動通信(5G)の商用化、SW振興法、ヨーロッパ個人情報保護法(EU GDPR)などのIT懸案が山積である”とし“世宗庁舎とソウル間の往復4時間以上状況で、円滑なコミュニケーションが行われるかが疑問である”と憂慮した。

これとは異なり、科学技術業界は科技情報通信部の世宗庁舎移転に喜んでいる。科学技術の傘下機関をはじめとする政府出資研究所25所が、大田大徳研究団地一帯に集まっているため、政策協議などの相乗効果があるという期待が高まっている。

科学技術の革新本部を中心に、国家R&Dシステム革新の推進に弾みを受けることになると見通しだ。まだ完了していない一部の政府出資研究所の研究員正規職転換も速度を出すという観測も流れている。

科学技術情報通信部の関係者は“2016年当時、未来創造科学部が果川政府庁舎、既存の4棟の建物から5棟に移転するため44億ウォンの予算が投入された”とし“わずか2年ぶりに世宗に移転し、もう一度、行政や人材の無駄が発生することになる”と指摘した。

(亜洲経済オンライン)

top