さらに強くなったロボット掃除機…「LGコードゼロR9シンュー」発売

박수정 기자

登録 : 2018-05-14 16:39 | 修正 : 2018-05-14 16:39

[さらに強くなったロボット掃除機…「LGコードゼロR9シンュー」発売]



LG電子が14日、もっと利口な人工知能、強力な掃除性能、顧客を配慮した様々な便宜機能を備えたロボット掃除機「コードゼロR9 ThinQ(シンキュー)」を国内市場に公式発売した。

コードゼロR9シンキュー(モデル名:R958DA、R958RA)は自ら室内構造を把握して障害物の種類を学習する能力がより精巧になった。

「3Dデュアルアイ」を含めた高性能センサーと独自の人工知能プラットフォーム「ディップシンキュー(DeepThinQ)」を搭載し、家の構造を自ら学習して、越えなければならない障害物と待ったり、迂回しなければならない障害物を区分し、もっと利口に掃除する。

「3Dデュアルアイ」は△広角で最大160度の範囲内にある事物を認識して家の空間を自ら区分できるように手伝ってくれる「3Dビュー」と △薄い椅子の脚も避けられる水準の「3Dセンサー」で走行性能を大幅に高めた。

新製品は「人工知能スマートターボ」を搭載し、カーペット、コーナー、ホコリの多いところなどを自ら把握して吸引力を高め、状況によってブラッシュと走行速度を自動的に調整する。

寝室、居間、キッチンなど顧客が望む場所だけを選択して掃除する機能である「人工知能マイゾーン」も新製品がディップシンキューを基盤に空間を正確に認知できることに可能だ。

LG電子は新製品にコードゼロA9の「スマートインバーターモーターP9」を適用した。 最大90分の掃除時間はもちろん、強力な掃除性能まで実現した。 インバータモーターは10年間無償保証する。

また、「二重ターボサイクルローン」を適用した。 顧客が掃除機を長らく使っても強力な吸引力を最初のように維持してくれる。

製品の前方に位置した「マルチパワードライブ」はブラシが1分当たり最大1300回回転しながら、床のほこりを効果的に吸入できるよう助けてくれる。 また、髪の毛、動物の毛などがもつれることを防止する「アンチタングル」技術も適用された。

LG電子は新製品に「5段階の微細ほこり遮断システム」を適用して掃除機が吸い上げたほこりが外部に排出されないようにした。 新製品はPM2.5(直径が2.5マイクロメートル(㎛・1ベクマン分の1m)のほこり)超微細ほこりまで99.9%遮断することができる。 ロボット掃除機のうち、世界で初めてドイツの国際公認試験機関のSLGと英国アレルギー協会のBAFから微細粉塵遮断とアレルギー誘発物質除去性能をそれぞれ認められた。
top