サムスンギャラクシーS9シリーズ、60日ぶりに国内の開通100万台突破…歴代3番目に早い

박수정 기자

登録 : 2018-05-16 16:45 | 修正 : 2018-05-16 16:45

[サムスンギャラクシーS9シリーズ、60日ぶりに国内の開通100万台突破…歴代3番目に早い]



サムスン電子の上半期の主力スマートフォン「ギャラクシーS9シリーズ(S9、S9+)」が発売開始2ヶ月ぶりに国内の開通100万台を突破した。

15日、サムスン電子によると、3月16日に発売されたギャラクシーS9シリーズは約60日ぶりの先週末、国内販売100万台を超えた。 国内販売量100万台の突破はギャラクシーSシリーズのうち、3番目だ。

昨年4月、ギャラクシーノート7の販売中止以降、初めて発売されたプレミアム製品である「ギャラクシーS8シリーズ(S8、S8+)」が市販37日ぶりに、スマートフォン市場が急成長していた2011年に発売されたギャラクシーS2が40日ぶりに開通100万台を突破したことがある。

ギャラクシーS9シリーズはプレミアムフォンとしては初めて国内に完全自給制で発売され、消費者たちに良い反応を得ている上、「ギャラクシーファンパーティ」などの体験中心のマーケティングに支えられ、地道な販売台数を維持しているというのがサムスン電子側の説明だ。
top