防弾少年団、韓国歌手初の米ビルボード1位を獲得

양정미 기자

登録 : 2018-05-29 09:29 | 修正 : 2018-05-29 09:39

[写真=AP/聯合ニュース]


男性アイドルグループ防弾少年団(BTS)の3rdフルアルバムが、米ビルボードのメインのアルバムチャートの頂上を席巻した。

27日(現地時間)、ビルボードが発表した最新チャートによると、防弾少年団が18日に公開した「LOVE YOURSELF 転 ‘Tear’」は「ビルボード200」で1位に上がった。

「ビルボード200」はアルバム販売量とトラック別の販売量、ストリーミングの実績などを基盤に、毎週米国の国内のアルバム販売枚数を中心にして最も人気のあるアルバムを決めるランキングだ。防弾少年団は先週の24日(現地時間)まで集計されたアルバム数値で13万5千点を得た。このうち10万点はアルバム販売の点数であり、2万6千点はストリーミングから、9千点はダウンロードから獲得した。

韓国歌手がこのチャートで1位を記録したのは今回が初めてだ。また、英語ではない外国語のアルバムが「ビルボード200」の1位に上がったことは12年ぶりのことである。

しかも、ワールドミュージックのジャンルのアルバムが「ビルボード200」の1位を獲得したのも防弾少年団が初めてだ。ビルボードは欧州、アジア、アフリカ、南米、中東をはじめ、米国本土以外で祈願した全ての音楽を「ワールドミュージック」に分類しており、K-POPもワールドミュージックに分類される。

ビルボードは側は"防弾少年団は昨年9月「LOVE YOURSELF 承 ‘Her’」で「ビルボード200」の7位にあがり、韓国グループの最高記録を立てた。2連続「ビルボード200」の10位内に入った"とし、"今週は防弾少年団だけでなく、K-POP全体にすごい1週間である"と評価した。

一方、 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日の午後、公式ツイッター(Twitter)を通じて「国民と世界の人々に感動を分けてくれてありがとう」という祝電を送った。
top