映画「毒戦」、13日目1位維持・・・累積観客数350万突破!

양정미 기자

登録 : 2018-06-04 09:30 | 修正 : 2018-06-04 10:24

 [写真=聯合ニュース]


俳優チョ・ジヌンとリュ・ジュンヨル主演の映画「毒戦(Believer)」が封切から13日連続1位を記録しながら週末の映画館を掌握した。

4日、映画振興委員会の映画館入場券統合電算網によると、「毒戦」は6月の第1週目の週末2日間、78万7千855人の観覧客を動員して累積観客数353万828人を記録した。この映画の損益分岐点は約280万人である。

映画はアジア最大の幽霊麻薬組織のボス「李先生」を捕まえるために繰り広げられる暗闘と追撃を描いた犯罪アクション映画であり、香港映画界の巨匠、ジョニートー監督が演出した「ドラッグ・ウォー 毒戦」をリメークした作品だ。

俳優たちの演技や華麗でスタイリッシュな演出などが好評を受けており、今年封切りした韓国映画のなかで最も高いスコアを更新している。

一方、2位はハリウッド映画「デッドプール2」が、3位は「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」が占めた。

 
top