KDI“今年の最低賃金引き上げの雇用減少効果はほとんどない”

유선호 기자

登録 : 2018-06-05 15:35 | 修正 : 2018-06-05 15:35

[写真= KDI提供]


韓国開発研究院(KDI)は4日、最低賃金引き上げが今年の雇用市場に影響を与えなかったが、来年からは引き上げ速度を調節しなければならないと勧告した。

KDIは、この日「最低賃金引き上げが雇用に及ぼす影響」資料で、今年の最低賃金の大幅引き上げにもかかわらず、雇用の減少効果は大きくなかったが、来年から大幅引き上げが繰り返されると、雇用の減少幅が大きくなって、賃金秩序が妨げられることができると説明しした。

今回の分析では、賃金の中央値比の最低賃金率の評価上、アメリカが2016年に35%と低く、50%水準である韓国をマッチングするためには、アメリカよりも最低賃金が高い状態を比較する必要があるということに基準点が合わせられた。

KDIは、2000年から2004年までの最低賃金を実質ベース60%引き上げたハンガリーと比較して、今年の韓国の雇用減少効果を最大8万4000人と推定した。

韓国の最低賃金が中間値に比べてアメリカよりも高いため、これを比較分析すると、雇用の減少は少なくとも3万6000人と推定された。

チェ・ギョンスKDI先任研究委員は、“今年の4月までの雇用動向を見ると、最低賃金引き上げの雇用減少効果は3万6000人に達していない”とし“これは、政府が導入した雇用の安定資金の効果のためと思われる”と明らかにした。

続いて“最低賃金の雇用減少効果が推定値よりも小さい理由は、雇用の安定資金の効果が作用したためか、最低賃金の効果が実際に推定値よりも小さいためかは分からない”と説明した。

KDIは、雇用増加の鈍化を最低賃金引き上げの影響で見方について最低賃金の影響が大きくないことを改めて強調した。まず、1月の増加幅が例外であり、2017年の年平均増加は26万人である状況では、これを比較すると4月の増加幅縮小は約12万人である。

また、人口の増加幅が昨年より8万人縮小され、その効果は、賃金労働者の増加を5万人ほど減少させるものと分析した。特に、最低賃金の影響の場合には、最低賃金労働者が多く、15~24歳、50代女性、高齢層で他の集団に比べて雇用の減少が大きいかどうかで判断するのには、年齢別グループでの雇用の減少幅は大きくないと分析された。

KDIはこれを受け、2020年までに最低賃金1万ウォンを目標に、今後2年間で15%ずつ引き上げる場合には雇用の減少影響は2019年9万6000人、2020年には14万4000人に拡大すると予想した。ただし、これは雇用の安定の資金がない場合を限定した数値である。

KDIは、最近の最低賃金制度を導入したドイツの場合には、最低賃金引き上げ効果算出には少なくとも2年かかると判断して引き上げサイクルを2年に調整したという点も事例として提示した。

今回の分析では、最低賃金引き上げによる雇用減少効果が大きくないという青瓦台の分析を裏付ける側面を見せた。しかし、一方では最低賃金引き上げの基調を維持しようとする大統領府に多少慎重な政策の推進を勧告したという評価も出ている。

ムン・ジェイン大統領は、先月31日に開かれた国家財政戦略会議で“最低賃金引き上げのプラスの効果が90%”と、最低賃金引き上げの推進に力を加えた。

(亜洲経済オンライン)
top