イ・ヨンエ主演の建国100周年記念ドラマ「異夢」、来年の放送確定

양정미 기자

登録 : 2018-06-07 10:15 | 修正 : 2018-06-07 10:15

[写真=ELLE 提供]


女優イ・ヨンエがキャスティングされて話題となっている諜報メロドラマ「異夢(イモン)」が、2019年の放送を確定した。

ドラマのPR会社ザティックトックは、"主要配役のキャスティングが進行中である「異夢」が、大韓民国の臨時政府樹立100周年を迎える来年、全世界に放送される"と5日明らかにした。

建国100周年記念ドラマとして期待を集めている「異夢」は、日帝強占期の京城と満洲、そして、中国上海を舞台に繰り広げられる諜報ロマンスドラマだ。独立闘争急先鋒だった秘密結社「義烈団」の団長であるキム・ウォンボンと、日本人に養育された朝鮮人外科医イ・ヨンジン(イ・ヨンエ扮)が、上海臨時政府のスパイになって太平洋戦争の渦の中で活躍するストーリーを描く。

ブロックバスター時代劇「異夢」はアジア各国をはじめ、米国、中東などから版権に関する問い合わせが相次いでおり、今秋、モンゴルや上海などでのロケーションを皮切りに本格撮影に突入する予定だ。
top