KDI、組織改編

유선호 기자

登録 : 2018-06-07 15:34 | 修正 : 2018-06-07 15:34

韓国開発研究院(KDI)[写真= KDI提供]


国策研究機関である韓国開発研究院(KDI)が、融合型の研究機能を強化するために組織改編に乗り出す。前例のない南北関係の改善雰囲気の中で、北方研究を強化する方向に焦点を当てているようだ。

しかし、技術革新成長政策に翼をつける規制改革と関連して、既存の進展速度が多少遅れる可能性があると懸念されている。

KDIは融合型・政策の需要志向の研究活性化のために、既存の8つの研究部門を経済戦略研究、知識経済研究、市場政策研究、公共経済研究部の4つの部門に統合すると、7日に発表した。

チェ・ジョンピョKDI院長就任後初の組織改編である。研究企画を体系化し、研究部門間の協業・分業が円滑に研究本部を新設し、研究総括の機能を強化して汎部門レベルの課題企画も推進する。

研究本部長は、研究課題の企画委員長を兼任、企画から実行まで体系的に管理して、合理的・客観的評価を通じて研究の質的水準の向上を図るというのがKDIの説明である。

これまで、マクロ経済研究部の中心の動向展望研究が実施されたが、マクロ経済分野の研究と動向展望分析業務を分離、経済展望室が動向見通しの分析業務を担当することになる。また、経済戦略研究部は、マクロ経済分野の研究を深め、国家戦略との関連性に関する研究に集中する計画である。

ここに経済情報センター、公共投資管理センター、国際開発協力センターなどの事業部門は、独自の業務に集中しながら設立本来の役割に焦点を当てている。ただし、各センターが必要とする専門性を研究部門が積極的に提供する方針である。

現イ・スイル規制研究センター所長の場合、今年初めにキム・ドンヨン経済副首相が企画財政部に注文した規制改革公論化方案のアイデアを提供したことで知られている。規制改革の分野で多角的な研究に集中していた挨拶で評価され、物足りなさが残る反応が出てくる。イ所長は、秋学期からKDI大学院で規制改革科目で教壇に立つ予定である。

一方、KDIは8日付で、今回の組織改編を断行し融合型の研究を通じて、政府のマクロ経済政策の準備に支援することにした。

(亜洲経済オンライン)
top