米朝会談が開かれシンガポールに、500席規模の韓国プレスセンター11日からオープン

양정미 기자

登録 : 2018-06-07 15:12 | 修正 : 2018-06-07 15:22

[写真=AP/聯合ニュース(6月12日米朝首脳会談が行われるシンガポールのセントーサ島・カペラホテル周辺は警備が段々厳してくなっている)]


韓国言論振興財団(理事長 ミン・ビョンウク)は、12日に開かれる米朝首脳会談を取材する国内取材陣を支援するために、シンガポールのスイソテル・ザ・スタンフォード(Swissotel The Stamford)ホテルに韓国プレスセンターを運営すると7日明らかにした。

韓国プレスセンターでは米朝首脳会談と関連した政府のブリーフィング、国内外の外交安保専門家の招請メディアフォーラムが行われる予定だ。

11日午後3時には「韓半島と平和会談」をテーマに討論会が開かれ、米朝首脳会談以降の見通しと韓半島の平和について議論する。また、13日には国内記者らを対象に、著名な外国のジャーナリストを招待してフォーラムが開かれる。

他にもプレスセンター運営期間にはコ・ユファン東国大学教授など専門家たちがセンターに常駐しながら会談に対する深層分析と見通しなどを取材陣に提供する予定だ。

一方、韓国プレスセンターは今月11日から13日まで500席規模で運営される。
 
top