トランプ、"シンガポールでの首脳会談は「平和のミッション」"

양정미 기자

登録 : 2018-06-10 02:06 | 修正 : 2018-06-10 02:15

[写真=AP / 聯合ニュース]


ドナルド・トランプ米大統領が9日(現地時間)、6月12日に開かれる米朝首脳会談について「平和のミッション(Mission of peace)」と述べた。

カナダで開催された主要7ヵ国(G7)首脳会議に出席したトランプ大統領は、"北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が、彼の国民のために肯定的な何かをすることを信じている"と、「平和のミッション」を言及したとロイター通信が伝えた。

トランプ大統領はさらに、"韓国は非核化をしなければならない"と、これまで北朝鮮の動きについても感謝の意を明らかにしたとロイター通信は付け加えた。

また、"金正恩委員長が北朝鮮を偉大に作ることができる"、"しかし、それは「ワンタイムショット」(one-time shot)"であると、"金正恩委員長が(核)兵器放棄に真剣であるかどうかを知るのは1分もかからない"、"金委員長がまじめじゃないという感じがしたら対話は続けないつもりだ"と話した。

一方、主要7カ国首脳会議(G7サミット)出席のためカナダ訪問中のトランプ米大統領は9日昼(現地時間)、米朝首脳会談が開かれるシンガポールに向けて出発した。10日にはトランプ大統領と金正恩委員長ともに現地入りする見通しだ。
top