シカゴのマリオットマーキスホテルにLG OLED TV設置・・・LCD TVを含む1千300台納品

양정미 기자

登録 : 2018-06-11 17:19 | 修正 : 2018-06-11 17:19

[写真=LG電子提供]


LG電子は米シカゴの中心にできた新築高級ホテルである「マリオットマーキスシカゴ(Marriott Marquis Chicago)」に、ホテル管理ソリューションを搭載したOLED TV(有機ELテレビ)を設置したと11日明らかにした。

マリオットマーキスシカゴのスイートルームなど、客室と付帯施設には55インチと65インチのLG OLED TV45台が設置され、従来に設置したLCD TVを含めて計1千300台の「LGホテルTV」がこのホテルに納入された。

これらの製品はホテルの管理者のためのソリューションである「プロセントリック(Pro:Centric)」と「プロイディオム(Pro:Idiom)」などが搭載され、プロセントリックは宿泊客が客室に入ると、自動的にTV画面に歓迎のメッセージと施設案内、観光情報などをコンテンツを簡単に編集できるようにしたソリューションである。

また、プロイディオムは有料コンテンツを無断コピー、あるいは配布できないようにセキュリティ機能を提供するとともに、使用料を支払った宿泊客だけに有料コンテンツを提供することができるようにするソリューションである。

さらに、宿泊客が客室でコンテンツ鑑賞、情報検索などを素早く簡単に利用できるよう、LG電子のスマートTVプラットフォームである「ウェブOS」も搭載した。

LG電子はOLED TVの優れた画質やデザインに、便利な管理ソリューションまで加えた「LG OLED TV ホテルTV」で、B2B市場でも突風を巻き起こしていくことを期待した。
top