韓国産業技術評価管理院“大韓民国誇らしい技術を探します”

유선호 기자

登録 : 2018-06-12 13:57 | 修正 : 2018-06-12 13:57

[写真=韓国産業技術評価管理院(KEIT)]


産業通商資源部と韓国産業技術評価管理院(KEIT)は今月29日まで「2018大韓民国産業技術R&D大田大展」開催にともなう出品機関を募集すると12日明らかにした。

今年の産業技術R&D大展は「未来産業を主導する5大新産業」を核心主題として、11月15~17日の3日間、一山キンテックスで開かれる。

韓国産業技術評価管理院(KEIT)の関係者は“今回の行事は、産業技術革新社業および企業のR&Dで編み出した最高の技術と製品を発掘し、国民が報告体験することができるように構成される計画である”と説明した。

出品機関に選ばれた企業には、参加費およびブース設置費免除をはじめとして優秀人材採用の機会など、別途の支援と恩恵を付与する予定である。関心がある企業はKEITのiTECHページ(itech.keit.re.kr)で申込書を受け取って、作成後に提出すれば良い。

これと共に、産業通商資源部とKEITは大韓民国最高権威技術賞である「2018大韓民国技術大賞」を輝かせる技術と技術者発掘のために、受付期間を今月26日まで延長する。

授賞式は、11月15日に産業技術R&D大展で行われ、選ばれた技術は技術開発ストーリーとともに大韓民国代表技術で広報および展示される。

関心がある個人や団体は、産業通商資源部およびKEIT、行政安全部叙勲ホームページなどで申込書を受けて作成し、産業技術振興と技術大賞部門は、韓国産業技術評価管理院、韓国産業技術振興院に、新技術実用化部門は、韓国新製品認証協会、韓国産業技術振興協会、資源循環産業振興協会に提出すれば良い。

(亜洲経済オンライン)
top