政府“6月の輸出に加えて、維持は容易でない”

유선호 기자

登録 : 2018-06-12 16:02 | 修正 : 2018-06-12 16:02

[写真=政府“6月の輸出に加えて、維持は容易でない”]


産業通商資源部は11日、ソウルの韓国貿易保険公社でキム・ソンミン貿易政策官の主宰で「主業種の輸出点検会議」を開催した。

今回の会議では、半導体協会や自動車協会など11の主要業種別協会・団体、KOTRAや貿易保険公社など輸出支援機関が参加し、6月の輸出条件を見て業種別の輸出振興策などを議論した。

キム取引政策官は“今年1~5月の累積輸出は前年同期比8.2%増加し、3~5月には3ヶ月連続で500億ドル以上輸出するなど、全体的に良好な輸出の流れが続いている”と評価した。

また“6月の輸出は、操業日数の減少と昨年6月に大規模な船舶の輸出に伴う反動などで、プラスを維持することが容易ではない状況だ”と明らかにした。

実際に、昨年6月には今年より操業日数が5日多く、73億7000万ドル相当の海洋プラント3隻など船舶の輸出が集まったと説明した。

関税庁が同日発表した1~10日の輸出入動向によると、6月に入ってから10日までの輸出額は124億ドルで、前年同期比2.0%増加した。しかし、昨年6月中旬・下旬に船舶輸出が集まっているため、月の全体では増加傾向を維持するのが容易でないということが産業通商資源部の説明である。

また、対外的にもアメリカと中国、アメリカと欧州連合(EU)の通商紛争をはじめとする主要国の保護貿易主義の深化、アメリカの金利引き上げによる国際金融市場の変動性と新興国経済の脆弱性などの輸出に不利に作用する可能性がある。会議に出席した業種別協会・団体も6月に輸出増加傾向を継続する容易ではない展望した。

造船業は、2016年の受注干ばつの影響で、今年の船舶輸出が減少すると予想しており、一般的な機械・自動車・繊維などは操業日数の影響などで輸出が減少する可能性があると予想した。

産業通商資源部は6月の輸出が減少しても、今年1~6月の累積的輸出は増加傾向を続けるものと見ている。一部では毎月騰落がある可能性があるが、全体の輸出増加傾向は維持されるという分析である。

今年の輸出増加率は1月(22.3%)、2月(3.3%)、3月(6.0%)プラスを続け、4月(-1.5%)に減少し、5月(13.5%)に反発した。

産業通商資源部は、6月の輸出拡大を総力支援するために、6月の一ヶ月間、一時的に貿易保険特別支援サービスを実施する。また、新興市場への進出企業が中小・中堅企業の場合、保険料を従来の30%割引に10%追加割引する。

(亜洲経済オンライン)

top