エネルギー公団「農家太陽光事業政策金融支援説明会」を開催

유선호 기자

登録 : 2018-06-12 18:40 | 修正 : 2018-06-12 18:40

[写真=韓国エネルギー公団]


韓国エネルギー公団は、産業通商資源部と12日に忠南牙山温陽グランドホテルで施工業者とエネルギー関係機関等を対象に、「2018年農家太陽光事業政策金融支援説明会」を開いた。

「農家太陽光事業」は、再生可能エネルギー発電事業に参加する農家(畜産人、漁業を含む)に長期低利政策資金融資(平均利息1.75%、5年据え置き10年分割償還、施設投資費の90%以内) 、再生可能エネルギー供給証明書(REC)の重み優待などの特典を支援する事業である。

この事業は、農業者の所得増大と地域経済の活性化はもちろん、政府の「再生可能エネルギー3020移行計画」の目標達成の貢献が可能である。

昨年初めて導入された農家の太陽光事業は、これまでのエネルギー公団の積極的な広報と政府の継続的な政策金融支援の拡大に参加農家数が大幅に増加している。

今回の説明会は、施工業者、エネルギー関連機関などの利害関係者を対象に、今年の農家太陽光事業推進現況と政策金融支援計画、施工事例などを紹介し、さまざまな意見や提案を収束するために設けられた。

特に、エネルギー公団と産業通商資源部は、農地を活用した太陽光発電設備の設置拡大に懸念される農地縮小問題を解消することができる方策として、農業活動と太陽光発電を並行推進できる「営農型太陽光事業」の基本的な概念と試験導入について案内した。

この日紹介された営農形態陽光事業施工事例は、太陽光設備の設置をビジネスにしている多くの施工業者の高い関心と呼応を導いた。これと共に、今年の下半期から新たに適用される再生可能エネルギー供給義務化制度(RPS)の主な改正内容(REC重みなど)を説明し、施工などが農家の形態陽光事業への参加を希望する農業により正確な経済性分析結果を提供することができるようにした。

公団は今年末までに、農村太陽光2000個、2020年1万個を目標に普及活性化に注力する予定であり、今年の補正予算で編成された農家の太陽光事業費200億ウォンの早期執行のために積極的に乗り出す計画である。

エネルギー公団の関係者は、“政府の政策の成否は、国民の共感と参加にかかっている”とし“今後、より多くの農家が太陽光発電事業に参加し、新しい農家の収益を創出し、再生可能エネルギー3020移行計画の目標達成にも貢献できるよう、にさらに積極的に支援する”と述べた。

(亜洲経済オンライン)
top